毎日の髭剃りが男性の肌を老化させている。

毎日の髭剃りが男性の肌を老化させている。 皮脂が多い男性は乾燥に強いはずなんですが、実際は乾燥肌の人が結構います。 さらに年齢とともに肌色が暗く赤みを帯びてくるという特徴もあります。


こうした男性特有の肌トラブルに大きく関わっているのがヒゲ剃りなんです。毎朝ヒゲを剃っている人は多いと思いますが、 それが肌が弱らせ、汚くする原因になっているというのはご存じでしょうか?


髭剃りの何が悪いかということですが、2つあります。


・バリア機能を担う角質層を削ってしまう ⇒ 乾燥、肌荒れの原因
・毛穴に負担がかかり炎症が起きてしまう ⇒ 色素沈着の原因


この2つの肌ダメージのせいで乾燥や肌荒れ、色素沈着、そして肌の老化が進んでしまいます。 特に「週5回以上、髭を剃っている」「カミソリを使う」という人はその傾向が強いです。


顎の下に赤みや黒い色素沈着があって汚いという男性は多いと思いますが、これなんかはヒゲを剃っている男性でしかありえない肌トラブルです。 髭剃りでバリア機能を削って外部刺激に弱くなったところにさらに摩擦や毛穴の炎症が加わるので色素沈着ができてしまうんです。(※同じことがワキ毛を処理する女性のワキにも起こります。)


髭剃り前のプレケアと終わった後のアフターケアをしっかりすれば、肌や毛穴へのダメージは軽減できますが、面倒くさくてやっているという人は少ないはずです。 そうしたスキンケアへの無頓着ぶりも男性の肌の汚さに影響しているのは間違いありません。

髭剃りによるに肌トラブルを防ぐには?

髭剃りによるに肌トラブルを防ぐには? 肌が乾燥する人、赤みや黒ずみといった色素沈着で肌が汚いという人でそれらを何とかしたい人はしばらく髭剃りを止めてみましょう。


「いや、それは無理だから」という人は以下のことに気をつけてヒゲを剃るようにしてみてください。


・蒸しタオルなどで毛穴を開く
・乳液やクリームで保湿しながらそのままシェービングジェルとして使う
・シェーバーを使う
・重ね剃りを避ける
・終わったらしっかり保湿する


肌と毛穴への負担を減らすために、髭を剃る前にしっかり肌をほぐして柔らかくして毛穴を開いておく必要があります。 それからシェーバーを使うというのもポイントで、これはカミソリよりも肌への負担が少ないというのがその理由です。


あとは肌への摩擦をできるだけかけないようにして剃り、仕上げに肌を保護&保湿して終了です。


だいたい30代ともなれば毎日の髭剃りのダメージの影響で肌がどんなことになってしまうのかは、すでに症状がでているはずです。 ほとんどの男性とって髭剃りは毎日のことですから、これが5年後、10年後どうなるのか?は結構想像しやすいんではないかと思います。


すでにかなり赤みやシミといった色素沈着が目立つ人もいると思いますが、そんな髭剃りでできた色素沈着にもビタミンCが効果的です。 ビタミンCにはメラニンを還元する作用もあるので、色素沈着で汚くなった肌のケアにぴったりだと思います。


頬、顎下の色素沈着にアプローチ! ビタミンCが男の肌トラブルと相性がいい理由
Copyright © 2014 頬の毛穴が最近目立って悩んでいる30代男性諸君へ· All Rights Reserved·