皮脂は男性ホルモンが影響しています。

皮脂は男性ホルモンが影響しています。 男性は皮脂が多いです。そのことでメリットもあればデメリットもあるわけですが、今回はデメリットについて紹介すると、 毛穴・ニキビといったトラブル、それからニオイの悩みにも深く関わっています。


思春期以降、男の肌は脂ぎってテカテカしてくるわけですが、それは皮脂を分泌している皮脂腺の大きさや活性度が男性ホルモンに影響されるからです。


特に皮脂腺が集中しているおでこから鼻にかけてのTゾーンは、毛穴黒ずんでいたり、角栓がびっしり詰まっていたり、 ニキビができるなどトラブルがこれでもかと多発する地帯です。


皮脂が原因だということはわかっているので脂っぽさを感じたらすぐに洗顔していたという人も多いと思います。 僕も洗顔というものをはじめたのは中学生ぐらいだったと記憶しています。


この男性の皮脂の多さ、そしてそれに付随する皮脂トラブルというのは、残念ながら60代まで続きます。というのも男性ホルモンの分泌量は60代まで高いレベルを維持したまま減らないからです。


皮脂の分泌量は変わらないのに皮脂の酸化を防ぐ抗酸化力は30代から落ちてくるので、酸化した皮脂による各種ニオイ成分の発生、 過酸化脂質による肌ダメージに肌老化といったことが起きてきます。見た目を劣化させるだけでなく、ニオイの原因になるのがたまらないですよね。

皮脂の過剰分泌による肌トラブル一覧

皮脂の過剰分泌による肌トラブル一覧 皮脂が原因で起こる肌トラブルをちょっと調べてみました。皮脂の多いの男性は特に気をつけたいので覚えておいて損はないはずです。


・毛穴の開き
・鼻の毛穴の角栓詰まり
・脂漏性皮膚炎
・脂性敏感肌
・ニキビ


皮脂が毛穴を押し広げてしまったり、古い角質と混ざって毛穴詰まりをつくるというのはご存じだと思いますが、 意外に知らないのが皮脂が酸化してできる過酸化脂質による肌への害です。


非常に毒性のある刺激性物質ということもあって、皮膚の炎症を促して肌トラブルが肌老化の原因になってしまいます。


そんな本当は怖い皮脂と過酸化脂質の悪影響から肌を守るためにやるべきことは2つあって、1つは「洗顔」です。 朝晩2回の洗顔で不要な皮脂を取り除けば皮脂トラブルは発生しません。多分。


それからもう1つ、ココでも活躍するのがビタミンCです。ビタミンCには皮脂の分泌を抑制する作用があるんです。 他にも毛穴を引きしめる効果もあるので、男の過剰な皮脂を抑えて肌のベタつきを防ぎ、なおかつ毛穴も目立たなくできるということで非常に頼もしい存在になってくれると思います。


男の過剰な皮脂を防ぐには? ビタミンCが男の肌トラブルと相性がいい理由
Copyright © 2014 頬の毛穴が最近目立って悩んでいる30代男性諸君へ· All Rights Reserved·